フィンランドの本屋さん

フィンランドの本屋さん

私の地元の本屋さん訪問

フィンランドの新しい学年の始まりである8月に、フィンランド北部の私の故郷オウルの地元の本屋さん(Suomalainen Kirjakauppa)を訪れました(Suomalainen Kirjakauppaはフィンランド最大の本屋チェーンです)。

お店に入るとすぐ学校の教科書の20%OFFのポスターが目に入りました。
フィンランドの小学校と中学校では教科書を購入する必要はありません。学校で無料でもらえます。その後、16歳になって高校や職業学校に入るときに、教科書をはじめて購入することになるんです。

学期が始まるまでに皆んな、ペンや消しゴム、ものさし、その他の筆記用具を揃えるようになるので、その日お店の中ではたくさんの筆記用具も並んでいました。

お店のそんな様子を見て、その日一緒にいた娘のアマヤはとても喜んでいました。

フィンランドでは、書籍は通常、ハードカバーとソフトカバーの2種類で販売されています。

ハードカバーは、小説もノンフィクションも両方とも、もともとフィンランドで書かれたものやフィンランドで翻訳されたものはとても高価です。

なんと、25ユーロ(3,200円)から30ユーロ(3,850円)もするんです。

フィンランドの人々はソフトカバーの本を好みます。何よりも安くて手に取りやすいですから。

少なくとも私はソフトカバー派です。

しかもソフトカバーは、たまに3冊の価格で4冊買えるようなセールがあったりするんです。

今回私は子供向けの本のコーナーを中心に見てきました。

すぐに目に入ったのが “Ella”と “RistoRäppääjä”シリーズ最新刊です。両方ともこれらのシリーズは、フィンランドでとても長い間人気です。

Ellaの本はTimo Parvela氏とRistoRäppääjäのSinikkaとTiina Nopolaの姉妹によって書かれています。また、TatuとPatuの本(Aino HavukainenとSami Toivonenによって書かれた本です)は、多くのフィンランドの子供たちに愛されている本の一つです。「RistoRäppääjä」と「Tatu and Patu」のストーリーも映画化され、映画もとても人気でした。

子供向けの本のトップ10のコーナーがありました。

やはり、「Tatu and Patu」、「RistoRäppääjä」、「Ella」の本はトップ10入りですね。
ハリー・ポッターの本ももちろんフィンランドでも子供にも大人にも熱心に読まれています。JJ.K. Rowlingの新刊は、フィンランド語版で “Quidditch Through the Ages”や “Fantastic Beasts、Where to Find Them”も書店で発売されました。

オウルの書店Suomalainen Kirjakauppaでは、オウルの作家PäiviHonkakoskiによって書かれた子供の本も見つけました。彼女のTervatonttuシリーズは、木タールの輸出で栄えたオウルの歴史についての作品です。この木タール製造とそれの輸出は、オウルの歴史と切っても切れない関係です。

Prinsessa Ebbaは、オウルに住んでいたお姫様の物語です。私はTervatonttujen Jouluの本(The Tar-making Elves and Christmas)の素敵なイラストは、Northern Lights(オーロラ)、伝統的なLapland Sami(先住民族サーミ人)の伝統衣装、そしてもちろんサンタクロースと同じくフィンランド人としての自慢です。

 

フィンランドの本屋さんでは、本だけでなく文房具や画材なども販売しています。
アマヤは友達と一緒に書き込んで楽しめる面白いノートが欲しいようです。

主なフィンランドの本屋さんでは、多くの場合、英語で書かれた本を扱っています。

フィンランドに住む外国人はフィンランド語では本を読むことは出来ませんし、多くのフィンランド人は普段英語の本を読みます。

私が読んだ本の半分以上は英語で書かれていたと思いますが、私が英語の本を読むのは、フィンランド語に翻訳された本がなかったり、一般的に英語の本の方が安く、なにより元の言語で書かれているという理由からです。


 

Monika Luukkonen(モニカ・ルーッコネン)

モニカ・ルーッコネンは、フィンランドのライフスタイルの専門家であり、ブログのライター、ノンフィクション作品の作家です。 モニカはフィンランドのライフスタイルに関する書籍を日本でも出版しています。 最初の著書『ふだん着のフィランド』は、2015年1月にグラフィック社から出版され、第2作の『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』は、2017年にダイアモンド社より出版されました。彼女の3冊目の本は2018年に発売され、『マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方』は、社員でも親でも妻でもない“自分”になれる時間の大切さを日本の情勢に伝え好評を得ております。

フィンランドの商品をアジアに販売するKidemaaというオンラインショップのブログでも執筆中です。
是非チェックしてみてください
https://www.kidemaa.jp/

モニカが大切にするテーマは、フィンランドのライフスタイル、有意義な生活、健康的な食生活、環境意識、フィンランドの教育、女性の生活、そして自然。 企業のマーケティング担当として国際的に活動(電気通信、医療技術、ビジネスコンサルティングなど)した実績もあり、日本とイギリスで生活した経験があります。現在はフィンランド北部のオウルの故郷に娘とともに住んでいます。読書、ウォーキング、クロスカントリースキーを楽しんでおり、自然の中で日々過ごしています。
Twitter ▶twitter.com/MonikaLuukkonen
Instagram ▶instagram.com/monikaluukkonen

こちらの記事もおすすめ

  1. 秘密基地からみんなの基地へ「なタ書」インタビュー記【第3回】

  2. NetGalleyのすすめ【第8回】~「啓文社 ゆめタウン呉店」三島政幸さんインタビュー記~

  3. 【第2回】「つなぐ人」未来屋書店岡山店~櫻井恭子店長インタビュー記

  4. 無意識の心地良さを求めて「総商さとう ウィー東城店」インタビュー記【第2回】

  5. 【第5回】「つなぐ人」未来屋書店岡山店~櫻井恭子店長インタビュー記

  6. 無意識の心地良さを求めて「総商さとう ウィー東城店」インタビュー記【第4回】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 「文喫」に行ってみた!

  2. 開催決定!「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  3. おすすめ絵本『キキとジャックス』

  4. おすすめビジネス書『 サードドア: 精神的資産のふやし方』

    おすすめビジネス書『 サードドア: 精神的資産のふやし方』

  5. おすすめ絵本『クレヨンからのおねがい』

  6. おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

    おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

  7. おすすめ本「翻訳できない世界のことば」

  1. 開催決定!「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  2. おすすめ絵本『キキとジャックス』

  3. おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

    おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

  4. おすすめ本「翻訳できない世界のことば」

  5. イベント報告「ぬいぐるみとふしぎのもりのほんやさん2018」

  6. イベント体験記「ぺっちゃんこになって東京に遊びに行こう!」

  7. イベント体験記「はじめてのおかいもの」

  1. 「文喫」に行ってみた!

  2. おすすめ本屋さん~451BOOKS~

  3. NetGalleyのすすめ【第8回】~「啓文社 ゆめタウン呉店」三島政幸さ…

  4. NetGalleyのすすめ【第6回】~「平惣 小松島店」八百原 勝さんイン…

  5. NetGalleyのすすめ【第4回】~「本の森セルバ岡山店」横田かおりさ…

  6. NetGalleyのすすめ【第3回】~「今井書店TONOMACHI63」浜崎広江さん…

  7. 秘密基地からみんなの基地へ「なタ書」インタビュー記【第1回】

Mentalist DaiGo × 本屋さんTRIP