子供の読書が将来の年収を左右する?!

子供の読書が将来の年収を左右する?!

読書については、誰でもいいイメージがあるはずです。
子供が泣いているからとスマホでYouTubeを見せると落ち着いてはくれるけど、なんとなく親の心の隅には罪悪感があるでしょうが、読書をさせて罪悪感を感じる親はいないはずです。
それぐらい誰でも読書は良いもので大切だと分かっているわけです。

ところが、実際には大人でも最近なかなか時間がなくて本を読めていないとか、読書する気になってもついつい眠くなったり結局積読になり自己嫌悪に陥ってしまい、読書というものから離れていく人が少なくないのではないでしょうか。

今回は、読書をなんとなく良いものなのは間違いないけれど、どれぐらいどのように良いものなのか? そんなことを知っていただくために、多少露骨ですが、「読書と年収」について掘り下げてみたいと思います。



10冊以上読むと年収は21%アップ?!

まず、2015年にパドヴァ大学の教授らが発表した研究(#1)によると、 10歳の頃に学校以外で10冊以上の本を読んだ子供は、全く読まなかった子供に比べて将来の年収が21%も高くなった ということがわかっています。この研究は、1920年〜1956年の間に生まれたヨーロッパ9ヶ国の男性を対象に、子供の頃に家にどれぐらいの本があったのかということやどれぐらい本を読んだのかということを調べて、それを大人になってからの年収と比較するということを行なっています。

この結果わかったこととしては・・・

子供の頃に学校以外で自分が読みたいと思う本を最低10冊読んだ人は年収が21%高かった

田舎に住んでいる人の方が都会に住んでいる人よりも、年収アップの効果は高かった

10歳の頃に家にあった本の冊数が多いほど、当時の成績は良かった

両親の職業や収入は関係がなかった

ということです。

これらから、親が子供の将来のためにできることとして考えられるのは、まずは、 子供が本を読みたいと興味を持てるように、親が本を読む姿を、本を楽しんでいる姿を普段から見せる ことと、 子供が興味を持って新しいことや知らないことを自分で調べたり理解したいという思いを持てるように環境を整えて、子供が読みたいと思った本はいくらでも買ってあげれるように頑張って稼ぐこと なのかなということです。



そして、田舎に住んでいる方が、読書の年収に与える影響は大きいということですから、地方に住んでいるのであれば、そのメリットを十分に活かせるように尚更本を読める環境を与えてあげた方がいいということになります。
地方の街の本屋では、大きな本屋さんとは違って品数は少ないかもしれませんが、比較的に子供の限られた目線でも十分に目が届く範囲に選択肢があるので、自分の好奇心に沿って今まで読んだこともないようなジャンルの本にも挑戦したい気持ちになるかもしれません。

さらに、親の職業や収入のレベルよりも、読書に普段から触れられる家庭環境があったかどうかということが大切なわけですから、親もやはり読書を楽しむことが子供のためにも大切だということになります。

読書は、子供も大人も多様性も重要!

別の日本の研究ですが、世代間の差に注目しながら、子供の頃の読書が大人になってからの意識や行動にどのような影響を与えるのかという調査(2)があり、これによると、読書の量だけでなく多様性の重要性が見てとれます。
子供の頃の読書は大人になってからの収入にも関わるわけですが、当然大人になってからの読書習慣にも影響を与え、それはやはりキャリアや収入にも関わってきます。だからこそ、子供に対しては、読書についての周囲からの直接的な関わりが重要になってくるわけですが、なぜか教育の現場では、読書の楽しさや読書から得た知識の使い方を教えてはくれません。

ということは、親が子供の読書に対して子供がそれを楽しめるように環境を整えサポートすることが重要だということではないでしょうか。
この調査では、 子供の読書活動に新たな出会いがあるように、大人が複数のジャンルを読めるように環境を整えることの重要性 を示しています。
ということは、大人自身も子供以上に好奇心を持ち、違うジャンルの本も読んでみようとか、今まで読んだことのないジャンルの本でもひょっとしたら大好きになるかもしれないと考えて読書を楽しんで見ることも必要でしょうし、そんな姿を普段から見せることで、子供の可能性はいくらでも広がるのかと思います。

新型肺炎の影響もあり、人混みを避けざるを得ない状況でもあります。
何かと大変な状況の方もおられるでしょうが、あえてこれを好機と捉え、子供の将来のために、自分のために、家族で読書について話し合ってみて、ちょっとだけいつもとは違う本にみんなで挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

家族で読んでほしいおすすめ本
created by Rinker
¥1,430 (2020/11/23 21:47:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥748 (2020/11/23 21:47:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,580 (2020/11/23 21:47:47時点 Amazon調べ-詳細)
参考文献

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/ecoj.12307
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sor/58/1/58_29/_pdf

こちらの記事もおすすめ

  1. 必見!出版社が選抜「子育て世代におすすめの本★ご紹介」第3弾!

  2. おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

    おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

  3. 私たちは子どもに何ができるのか

    子育て、教育におすすめの一冊『私たちは子どもに何ができるのか』

  4. おすすめ絵本『クレヨンからのおねがい』

  5. イベント報告/超大型絵本がやってくる『おまえうまそうだな』

  6. 子供と一緒にこんがらがる?実は奥が深い絵本シリーズ!

  1. NetGalleyのすすめ【第16回】 ~ 広島 蔦屋書店の読書会 インタビュ…

  2. 【埼玉県のおすすめ本屋さん】150年続く老舗書店『水野書店&Cafe m…

  3. SF初心者にも!現代日本SF小説おすすめ5選

  4. 江戸川乱歩のおすすめ小説6選~読書の秋の乱歩入門~

  5. 名古屋市内のおススメの本屋さん ~ちくさ正文館書店~

  6. ママ、最近疲れてない?ママも本でメンタルケアしよう!

  7. 子供と一緒にこんがらがる?実は奥が深い絵本シリーズ!

  1. 子どもの将来を左右する幼少期の経験とは?!

    子どもの将来を左右する幼少期の経験とは?!

  2. イベント体験記「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  3. おすすめ絵本『キキとジャックス』

  4. おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

    おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

  5. おすすめ本「翻訳できない世界のことば」

  6. イベント報告「ぬいぐるみとふしぎのもりのほんやさん2018」

  7. イベント体験記「ぺっちゃんこになって東京に遊びに行こう!」

  1. 【埼玉県のおすすめ本屋さん】150年続く老舗書店『水野書店&Cafe m…

  2. 名古屋市内のおススメの本屋さん ~ちくさ正文館書店~

  3. NetGalleyのすすめ【第11回】 ~柳正堂書店 甲府昭和イトーヨーカド…

  4. NetGalleyのすすめ【第10回】 ~ 「文信堂書店長岡店」實山美穂さ…

  5. おすすめ本『素敵な蔵書と本棚』

    おすすめ本『素敵な蔵書と本棚』

  6. 世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

    世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

  7. 本屋さん好きにはたまらないおすすめ本「世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話」

    本屋さん好きにはたまらないおすすめ本『世界の夢の本屋さんに聞い…

メルマガ配信登録

Mentalist DaiGo × 本屋さんTRIP