読書家ふたりの対談がおもしろい!

メンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルで中田敦彦さんが対談されていました。
おふたりとも自他共に認める読書家ですから、読書についての話になるといいなと思っていましたら、かなり読書や勉強のために役立つものだった上に、本屋さんについての興味深い話もありましたので、その内容を一部纏めて紹介させてもらいます。

動画はこちら↓

1回読んだだけでは頭に入らないということを受け入れる

まず、中田さんがYouTubeチャンネルで紹介されている本の内容やホワイトボードにしっかり纏めたポイントから考えて、どうやってあれだけの内容を纏めたりはあくしているのか?さぞかし、頭が良くて本を読めばすべて頭に入っているのかと思っている人もすくなくないとおもいますが、やはり、中田さんも普通に読んでいても頭には入ってこないそうです。

中田さんは、どうやって受験勉強を頑張った時に、どのようにして記憶に定着させたのだろうかと考えて、まず、 「1回読んだだけでは頭に入らないということを受け入れる」 ということにたどり着いたそうです。

  • 1回で読もうと思って理解できなかったら、途中で挫折してしまう!
  • だから、一度読んだだけでは分からないいうことをまず最初に受け入れて読み始める!
  • 途中で難しくてもそれはそれとしてまずは最後まで軽く読んでみる!
  • 苦しかったら飛ばして読んでもいい!

という感じだそうです。
その上で、全体像をなんとなく理解してから改めて熟読するそうですが、その際も…

  • 自分が興味を持てたところを優先的に読めばいい!
  • 本の全部を理解しようと欲張らない!

だそうです。
先輩と飲みにいった時に話していることに興味を持てる時もあればそうでない時もあると例えていましたが納得です。

確かに、本を読むことは立派なことで、本を買ったからには全部理解しないといけないと考えてしまうと、楽しくないから読まなくなってしまいますし、そのために読書が嫌いになってしまった子供や積読の増えてしまった大人もきっと多いことでしょうね。
 「全部読まなくていいし、面白いところだけ理解すればいいし、一発で理解しなくてい。」 覚えておきたいです。

中田式ノート術「直メモ」

中田さんは、ホワイトボードに内容をまとめる時は基本的に骨子や全体像をまず書いてから内容をまとめていくようにしているそうです。
これに対して、メンタリストDaiGoさんは、その方法は効率的な読書の方法として科学的にも証明されているという話をされていました。その方法は、メンタルマップといって、本を読む前に本の全体像とか、あるいは、全く全体像がつかめない本だったら、自分がその本から何を学びたいのかという自分の中のQ & A みたいなものを作っておくと、モチベーションが続きやすくなるというものだそうです。
これはメモ用紙や大きめの付箋に 読み始める前にその本から自分が何を得たいのかということを3つ程度書き出しておいて、それをしおりがわりにして読んでいくと、挫折しそうになった時にもそれを見て、何を手に入れればいいのかとかそれ以外は欲張らなくてもいいと考えることもできて、モチベーションが続きやすくなる そうです。
これはすぐにできて手間もないのに言われてみるとほとんどの人がしていないことですね。すぐに最初から読み始めて、順番に最後まで読み切らないといけないと考えがちですので、試してみることをお勧めします。

選書は本屋さん!!

中田さんは、当たり本を選ぶ時にはやはり本屋さんが一番とのことでした!これは本屋さんTRIP的にも嬉しい話です。しかも、その理由が当たり前のようでなるほどと感じました。

その理由とは、 Amazon とかAmazon レビューもいいけれど、本屋は試し読み放題だから だそうです。これにはDaiGoさんも納得されていましたが、よくよく考えると、商品の中身を全て公開しているお店はないしそんなビジネスモデルは本屋さんぐらいだろうと。
これは納得です。本屋さん的には全部立ち読みされては困りますが、そこまでのサービスは無いわけですから、これを使わない手はないと思います!

そして、中田さんは本屋さんに行って気になったテーマの本があったら、その中で一番「柔らかい本」を選ぶようにしているそうです。
本屋さんに行くと、みんな自分は今日をきっかけに賢者にでもなれるかのような気分になって、難しい本や見た目の立派な本を選ぼうとしがちですが、それが積読の元だそうです。背伸びは決してせずに漫画やイラストの多いものを選ぶように心がけているとのこと。その上で、分厚い本はフルマラソンにたとえてよほど体調が整って時間がある時にだけ読むようにしているそうです。
そして、本を本屋さんで選ぶときも読む時も、「おもしろ!」とか、「コイツ、話長いなー!」「分厚いな〜」と口に出しながら本との対話状態になるそうです。そんな状態で本屋さんでは3時間ぐらいかけてまとめ買いするとのこと。

実際に中田さんがそのようにして選んだ本の一部がこちら↓
確かに「柔らかい」ですね。

中田さん曰く、多くの人がこのようなマンガなどだとダサいと考えがちで、YouTubeチャンネルでも、今回マンガですと言うと、良いの?マンガで?!となることもあるそうですが、それでいいと言い切るそうです。
「だって源氏物語知らないでしょ?僕はマンガで読んで知っているんですよ。そして、それが面白いことを知っているんですよ。この差は大きいんです。お話し聞いてください…。」という感じらしいです。
確かにその通りですよね。
難しい本や見た目の立派な本を選んで結局積読になるということは、知識としては知らないままです。マンガでも日本のマンガはとても出来がいいですし、まずはそれで中田さんのように骨子や全体像を理解して、それから興味がわいたらさらに掘り下げて詳しい本に手を出せばいいだけですよね。背伸びすることなく読書の楽しさと知ることの喜びを味わっていきたいものです。

こちらの記事もおすすめ

  1. おすすめ本屋さん~451BOOKS~

  2. 素敵なところ★ご紹介「高梁市図書館 」3階

  3. 「泊まれる本屋」に泊まってみた

  4. 素敵なところ★ご紹介「高梁市図書館 」2階

  5. 『コーヒーが冷めないうちに』

  6. もっとBOOKMAN2018懇親会開催!

  1. 世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

    世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

  2. 本屋さん好きにはたまらないおすすめ本「世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話」

    本屋さん好きにはたまらないおすすめ本『世界の夢の本屋さんに聞い…

  3. 読書家ふたりの対談がおもしろい!

  4. イベント体験記「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  5. 「文喫」に行ってみた!

  6. 開催決定!「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  7. おすすめ絵本『キキとジャックス』

  1. 開催決定!「こんまりの親子でときめく片づけまつり」

  2. おすすめ絵本『キキとジャックス』

  3. おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

    おすすめ絵本「ガストンのきぶんをととのえるえほん」

  4. おすすめ本「翻訳できない世界のことば」

  5. イベント報告「ぬいぐるみとふしぎのもりのほんやさん2018」

  6. イベント体験記「ぺっちゃんこになって東京に遊びに行こう!」

  7. イベント体験記「はじめてのおかいもの」

  1. 世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

    世界中の「本の街」を旅する気分で廻りたい

  2. 本屋さん好きにはたまらないおすすめ本「世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話」

    本屋さん好きにはたまらないおすすめ本『世界の夢の本屋さんに聞い…

  3. 「文喫」に行ってみた!

  4. おすすめ本屋さん~451BOOKS~

  5. NetGalleyのすすめ【第8回】~「啓文社 ゆめタウン呉店」三島政幸さ…

  6. NetGalleyのすすめ【第6回】~「平惣 小松島店」八百原 勝さんイン…

  7. NetGalleyのすすめ【第4回】~「本の森セルバ岡山店」横田かおりさ…

Mentalist DaiGo × 本屋さんTRIP