ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦――貧乏人は教育で抜け出せるのか?

教育や子育てに関する研究では、親の教育レベルや家庭の収入の問題が必ず出てきます。
親の教育レベルが低く親の教育に関する関心も低くなると、やはり子供の将来も厳しいものになりやすくなりますし、貧困な家庭は子供もそこから抜け出すことができないのではないかということが言われたりもします。

こちらの本は教育により貧困から抜け出すことができるのかということについて書かれています。
これは非常に難しい問題で、教育により貧困から抜け出すことができるのかもしれないけれど、その効果としてはなかなか難しいということだと科学的にも議論されている状況です。
そんな教育の効果についてもっと勉強してみたいという方はこちらも参考になると思います。

関連書籍

  1. 子どもが体験するべき50の危険なこと

  2. アサーション入門――自分も相手も大切にする自己表現法

  3. 成功する子 失敗する子――何が「その後の人生」を決めるのか

  4. RANGE(レンジ)知識の「幅」が最強の武器になる

  5. ASD で悩む人に読んで欲しい本

  6. 生き物としての力を取り戻す50の自然体験 ―身近な野あそびから森で生きる方法まで

本屋さんTRIP