いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学

マッカーサー賞を受賞した天才が明かす時間の作り方

マッカーサー賞を受賞した天才科学者が明かす時間の作り方について教えてくれる本です。
いつも時間がないと言っている人は、どんな判断や行動をしているために時間がないという感覚が生まれてしまっているのか、そもそも時間がないというのはどういうことなのか、ということを行動経済学的に教えてくれる本です。
行動経済学というのは心理学的な手法で経済を分析するという学問で、多くの人は時間がないというのはただただ物理的に時間がないということだと理解していますが、時間がないというのは余裕がないということだと読み替えるべきだということが分かると思います。

関連書籍

  1. マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック

  2. ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?  文庫 (上)(下)セット

  3. コーチング心理学ハンドブック

  4. 自分を大事にする人がうまくいく~スタンフォードの最新「成功学」講義

  5. 死ぬ瞬間-死とその過程について

  6. 1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

本屋さんTRIP