〈目覚め〉への3つのステップ: マインドフルネスを生活に生かす実践

人生が変わるおすすめ本

マインドフルネスでは非常に有名な社会心理学の先生の本ですが、この方の本は難しい概念を分かりやすく教えてくれるとても良い本が多いです。
そんな中でも最近出た本でおすすめです。

目覚めと言われるとスピリチュアルな感じがすると思いますが、あくまで科学的なバックグラウンドがある人が科学的な視点で見た内容です。
世の中には余計なものがたくさんあります。
僕たちは余計なものに集中力をそがれたり気にしなくてもいいことを気にしてしまい、色々なものに振り回されてしまいます。
どうすれば、そんな余計なものに振り回されることなく本当に大切なものに集中することができるのか、どうすれば本当に大事なものが見えるようになり、余計な事に振り回されなくて済むのかということを教えてくれます。
それを目覚めという言葉で表現されています。

スピリチュアルや自己啓発のように、こうするべきだとか人生の成功のためには〇〇がいい!というようなことを言うのではなく、自分自身に自分で気づく方法を教えてくれます。
日本語版は最近出た本ですがとても面白かったのでおすすめです。

関連書籍

  1. 死ぬ瞬間-死とその過程について

  2. 弁証法的行動療法実践マニュアル―境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ

  3. 相手は変えられない ならば自分が変わればいい: マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係 (単行本)

  4. ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

  5. ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門: 豊かな人生の技法

  6. スマホ脳

本屋さんTRIP